てくてく会場探し1〜紙屋公民館〜


2016.05.30

プログラムを応募してみたいなあと思う人にとって、会場決めがひとつの課題……。
そんなときは頭を悩ませるより、実際に町を歩きながら探すのがいちばんです。
このシリーズでは、事務局スタッフが町歩きをして見つけた会場を紹介していきたいと思います。
あなたも別府の町を歩いて、素敵な会場に巡り会ってみませんか?

 

初回は、例年ベップ・アート・マンスの提供会場として親しまれている「紙屋公民館」を紹介します。
別府駅から浜脇方面に向けて徒歩約15分。共同浴場「紙屋温泉」の2階にある公民館です。
今年は提供会場資料に加えていませんが、例年通りプログラム実施会場として使用可能です。

1日(9:00〜21:00)お借りして1,500円です。
9:00〜12:00/500円
12:00〜17:00/500円
17:00〜21:00/500円
と、時間を区切って借りることも可能です。

 

2
入り口からステージを見た様子 @2014年度 漫画家原画展

 

p13_湯本タマ展4
ステージから入り口を見た様子 @2015年度 湯本プライベートミュージアム

会場面積は約38㎡。
会場全体を活用した展覧会や、トーク・シンポジウムにぴったりの会場です。

 

image1

公民館にある黒板、縁台、長机、座布団も使用可能です。

この会場に興味のある方は、一度ベップ・アート・マンス事務局(担当:カンダ)までお問い合わせください。
お待ちしております◎